社債


■ 転換社債(CB)

現在は、「転換社債」と呼ばずに、「転換社債型新株予約権付社債」と呼ぶ。

事前に決められた条件で株式に転換することの出来る社債。投資家に有利な為、普通社債に比べて一般的に金利は低め。

転換価格より株価が上昇 → 株式に転換・売却で転換価格との差額が利益。
転換価格より株価が下落 → 転換せずに満期保有すれば社債としての利息が得れる。

■ 転換価格修正条項付転換社債(MSCB)

悪魔の錬金術。MSCBを発行する企業は基本的に発行済株数が増えて株価が下落する傾向有り。MSCBを発行している企業の株には手を出さない方が懸命だし、あまり関わらない方が無難。イメージ的には上方修正条項付きよりも、下方修正条項付きの方が多い気がする。

上方修正条項付CB

発行後一定の期間経過後に、その時の株価水準が転換価格を上回っている場合には、当初の転換価格が上方に修正される

下方修正条項付CB

発行後一定の期間経過後に、その時の株価水準が転換価格を下回っている場合には、当初の転換価格が下方に修正される

参考文献
http://www.nomura.co.jp/terms/english/m/mscb.html